チャート式ポップカルチャー

チャートやプレイリストから現在の音楽や映画を眺めるブログ

(コラム)Suchmosの多様なカルチャー性

現在、ロシアワールドカップが開催されています。

国連加盟国数や国際オリンピック委員会に承認されている国と地域の数より多いとされるFIFA加盟数が表すように、正真正銘、世界中から注目されている世界最大のスポーツイベントです。

個人的には、音楽や映画と比べると、サッカーに対しての興味というのは時期によって関心度の上下はあるのですが、やはりワールドカップやチャンピオンズリーグのような世界有数のトッププレイヤーが一堂に会するような大会となるとどうしても気になってしまいます。

 

さて、NHKでのワールドカップの試合にはSuchmosの「VOLT-AGE」がテーマ曲として選ばれており、昨日のコロンビア戦ではハーフタイム中にSuchmosの演奏も放送されていました。

 

Suchmosといえば、ジャミロクワイを筆頭とするアシッドジャズからの影響が指摘されますが、セカンドアルバム『THE KIDS』以降はブラックミュージック的アプローチよりもロックバンド的なサウンドが目立つようになってきました。

折しも『オアシス:スーパーソニック』というオアシスの初期の2枚のアルバムの時期(シングルのカップリング曲を含めこの時期のオアシスは本当にロックバンドのロマンに満ち満ちた存在でした)にクローズアップした映画の公開時期とも重なるタイミングでした。

chart-pop-696.hatenablog.com

 

SuchmosのフロントマンであるYONCEさんは、以前OLD JOEというバンドを組んでおり、そのバンドの音楽性はガレージロックやオーセンティックなロックンロールに根ざしたものでした。

というのも、彼が思春期にニルヴァーナを聴き音楽に目覚め、その後日本のロックバンドにも興味を持ち始め、ミッシェル・ガン・エレファントブランキー・ジェット・シティといったバンドに魅了されていったという原体験が非常に大きいのだと思います。

chart-pop-696.hatenablog.com

 

その後、Suchmosを結成することとなるバンドメンバーとの出会いの中でネオソウルを始めとするブラックミュージックに触れていったというのですが、片やニルヴァーナやオアシス、ザ・ビートルズを他のメンバーに紹介していたという話も今のSuchmosの音楽性に繋がってくるようなものだと思います。

 

一方でYONCEさん以外の他のメンバーに目を向けると、音楽学校出身が多く音楽理論を学んでいたり、上記で述べたようにその志向がブラックミュージックに寄っていることは非常に現在の音楽シーンの潮流に合致するものであり、ディアンジェロJ・ディラへの言及も見逃せないところです。

chart-pop-696.hatenablog.com

 

つまり、Suchmosというのはブラックミュージック志向のバンドでありながらも、ロックスターとしての系譜にあるフロントマンを有するバンドなのだと思います。

それだけに、今の音楽としても、ルーツに根ざした音楽としても、非常に大きな期待を持ってしまうバンドの1つです。

 

さて、サッカーに視点を向けると、YONCEさんはスティーヴン・ジェラードを好きになって以来リヴァプールFCの大ファンで、ライブのアンコールなどで衣装チェンジをする際にリヴァプールのジェラードのユニフォームに着替えてくるということも少なくありません。

またギターのTAIKINGさんは元サッカー日本代表戸塚哲也さんの息子さんでもあります。

 

ロックバンドとサッカーとの結び付きは、前述のオアシスを筆頭とするような特にイギリスに置いて非常に強いものとなっています。

ここ日本でもそんな文化が育っていけばいいなと思っているのですが、Suchmosこそがその様なカルチャーを結びつけてくれる存在になるのではないかと大きな期待を抱いています。

今回のNHKのワールドカップのテーマ曲として選ばれたのはその序章と言えるのではないでしょうか。

chart-pop-696.hatenablog.com

2018/6/18付けSpotifyバイラルチャート(日本)

 

順位

up/down

曲名

アーティスト名

1位

Midsummer Madness

88rising, Joji, Rich Brian, Higher Brothers, AUGUST 08

2位

Reborn

KIDS SEE GHOSTS

3位

Remember

KATIE

4位

U.S.A.

DA PUMP

5位

-

Feel The Love

KIDS SEE GHOSTS

6位

-

Get It

PRISTIN V

7位

xaradise

PARKGOLF, Jvcki Wai

8位

Freeee (Ghost Town Pt. 2)

KIDS SEE GHOSTS

9位

DRAMA QUEEN

ASOBOiSM

10位

Cudi Montage

KIDS SEE GHOSTS

11位

ミューズ

吉澤嘉代子

12位

4th Dimension

KIDS SEE GHOSTS, ルイ・プリマ

13位

-

Boadak Yellow (Forgotten Modern Remix)

Forgotten Modern

14位

Girls Like You (feat. Cardi B)

マルーン5, カーディ・B

15位

Forget to Forget

SHY Martin

16位

LOOK AT ME,LOOK AT ME

BananaLemon

17位

La Cintura

Alvaro Soler

18位

LATATA

(G)I-DLE

19位

The Island, Pt. 1 (Dawn) - Skrillex Remix

Pendulum, スクリレックス

20位

Deadpool Rap - X-Force Remix (from Deadpool 2)

Teamheadkick

21位

Heat Wave

Snail Mail

22位

PICK ME

PRODUCE 48

23位

Crush

Cigarettes After Sex

24位

もぐらたたきのような人

町あかり

25位

Kiss Me

マジック!

26位

Lucid Dreams

Juice WRLD

27位

What If

Johnny Orlando, Mackenzie Ziegler

28位

Esp

TamTam, GOODMOODGOKU

29位

Untitled Original 11383

ジョン・コルトレーン

30位

桜花忍法帖 − 覇道MIX

陰陽座

31位

-

Let Me Down Slowly

Alec Benjamin

32位

Fire

KIDS SEE GHOSTS

33位

-

Kids See Ghosts

KIDS SEE GHOSTS

34位

Reborn

Bank Band

35位

夏の天才

SPANK HAPPY

36位

PIZZASHAKE

Helsinki Lambda Club

37位

This Is Mr.Children comment from [Alexandros]川上洋平

川上洋平

38位

Bonnie N Clyde

24K

39位

blizzard

youheyhey

40位

LOVE YA!

Hyukoh

41位

Dished (Male Stripper)

Purple Disco Machine

42位

不可逆リプレイス

MY FIRST STORY

43位

Simple

Florida Georgia Line

44位

Pa Mi (with Ozuna)

Tory Lanez, Ozuna

45位

かみさま

People In The Box

46位

Lost & Found

Jorja Smith

47位

Sorcererz

Gorillaz

48位

love4eva (feat. Grimes)

LOOΠΔ yyxy, グライムス

49位

Spread Love (Paddington) [feat. DVNO]

Boston Bun. DVNO

50位

FAKE LOVE

BTS (防弾少年団)

(プレイリスト)究極のラヴ・ソング・ランキング125曲

2008年10月号のSNOOZERに掲載されていた「究極のラヴ・ソング・ランキング125曲」という特集で取り上げられていた曲をプレイリストにまとめました。

 

 

「彼女は君を愛している」というラインの後に「イェーイ!イェーイ!イェーイ!」とトンチキに居直ったかの様な態度をとるザ・ビートルズの「シー・ラヴズ・ユー」がトップを飾っていることが象徴的ですが、この号の特集タイトルが「気まぐれな愛、不機嫌なラヴ・ソング」と銘打っている様に一筋縄ではいかない愛について歌った曲(すなわち最高な曲ばかり)が揃ったプレイリストです。

 

また08年に作られたランキングだけあって、リリー・アレンやダフィー、クラクソンズ、クークス、ケイジャン・ダンス・パーティーなど当時の音楽好きの嗜好も加味されており、10年経った今振り変えってみると当時の空気感というのも見えてくるのではないでしょうか。

その一方で、リトル・リチャードやプリンスが歌う様な多様な愛の形にも言及したプレイリストです。

その様に多様さとは何かということが通底する「ロックンロール不滅の250曲」や「革命と反抗のサウンドトラック100曲」と合わせて是非お聴きください。

chart-pop-696.hatenablog.com

chart-pop-696.hatenablog.com

 

2016/6/17付けSpotifyバイラルチャート(日本)

 

順位

up/down

曲名

アーティスト名

1位

U.S.A.

DA PUMP

2位

Remember

KATIE

3位

Reborn

KIDS SEE GHOSTS

4位

Midsummer Madness

88rising, Joji, Rich Brian, Higher Brothers, AUGUST 08

5位

-

Feel The Love

KIDS SEE GHOSTS

6位

-

Get It

PRISTIN V

7位

-

Freeee (Ghost Town Pt. 2)

KIDS SEE GHOSTS

8位

xaradise

PARKGOLF, Jvcki Wai

9位

Cudi Montage

KIDS SEE GHOSTS

10位

DRAMA QUEEN

ASOBOiSM

11位

4th Dimension

KIDS SEE GHOSTS, ルイ・プリマ

12位

-

Heat Wave

Snail Mail

13位

Boadak Yellow (Forgotten Modern Remix)

Forgotten Modern

14位

The Island, Pt. 1 (Dawn) - Skrillex Remix

Pendulum, スクリレックス

15位

もぐらたたきのような人

町あかり

16位

LATATA

(G)I-DLE

17位

LOOK AT ME,LOOK AT ME

BananaLemon

18位

-

Fire

KIDS SEE GHOSTS

19位

ミューズ

吉澤嘉代子

20位

-

Girls Like You (feat. Cardi B)

マルーン5, カーディ・B

21位

What If

Johnny Orlando, Mackenzie Ziegler

22位

不可逆リプレイス

MY FIRST STORY

23位

La Cintura

Alvaro Soler

24位

Crush

Cigarettes After Sex

25位

PICK ME

PRODUCE 48

26位

Lost & Found

Jorja Smith

27位

Deadpool Rap - X-Force Remix (from Deadpool 2)

Teamheadkick

28位

Forget to Forget

SHY Martin

29位

Esp

TamTam, GOODMOODGOKU

30位

Annihilate (Radio Edit)

HiRAPARK, Vivid

31位

Let Me Down Slowly

Alec Benjamin

32位

Kiss Me

マジック!

33位

Kids See Ghosts

KIDS SEE GHOSTS

34位

RAMPAGE

GRAVEDGR

35位

Untitled Original 11383

ジョン・コルトレーン

36位

blizzard

youheyhey

37位

Reborn

Bank Band

38位

-

This Is Mr.Children comment from [Alexandros]川上洋平

川上洋平

39位

夏の天才

SPANK HAPPY

40位

PIZZASHAKE

Helsinki Lambda Club

41位

LOVE YA!

Hyukoh

42位

-

Bonnie N Clyde

24K

43位

FAKE LOVE

BTS (防弾少年団)

44位

かみさま

People In The Box

45位

Anthem (We Love House Music)

ドン・ディアブロ

46位

Free

Third Party

47位

Lucid Dreams

Juice WRLD

48位

Dished (Male Stripper)

Purple Disco Machine

49位

Don't Miss It

ジェイムス・ブレイク

50位

KND

Hyphen Hyphen

2018/6/17付けSpotifyバイラルチャート(グローバル)

 

順位

up/down

曲名

アーティスト名

1位

-

Reborn

KIDS SEE GHOSTS

2位

-

Midsummer Madness

88rising, Joji, Rich Brian, Higher Brothers, AUGUST 08

3位

-

4th Dimension

KIDS SEE GHOSTS, ルイ・プリマ

4位

Feel The Love

KIDS SEE GHOSTS

5位

Girls Like You (feat. Cardi B)

マルーン5, カーディ・B

6位

-

Cudi Montage

KIDS SEE GHOSTS

7位

RAMPAGE

GRAVEDGR

8位

Freeee (Ghost Town Pt. 2)

KIDS SEE GHOSTS

9位

Lucid Dreams

Juice WRLD

10位

-

Karma

Sky, J.バルヴィン, Ozuna

11位

Kids See Ghosts

KIDS SEE GHOSTS

12位

Taste (feat. Offset)

Tyga, Offset

13位

Lovesick Blues

Mason Ramsey

14位

My Own Grave

As I Lay Dying

15位

-

Reverse (Ft. G-Easy)

Vic Mensa, Gイージー

16位

New Light

ジョン・メイヤー

17位

Praise The Lord (Da Shine)

エイサップ・ロッキー, Skepta

18位

The Island, Pt. 1 (Dawn) - Skrillex Remix

Pendulum, スクリレックス

19位

Din Din Din (Participação especial de MC Pupio e MC Doguinha)

Ludmilla, Mc Doguinha, MC Pupio

20位

Fire

KIDS SEE GHOSTS

21位

Youngblood

ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー

22位

All Mine

カニエ・ウェスト

23位

Pa Mi (with Ozuna)

Tory Lanez, Ozuna

24位

Te Boté - Remix

Nio Garcia, Casper Magico, バッド・バニー, Darell, Ozuna, Nicky Jam

25位

Simple

Florida Georgia Line

26位

Ao Vivo E A Cores

Matheus & Kauan, Anitta

27位

Crush

Cigarettes After Sex

28位

La Cintura

Alvaro Soler

29位

Let Me Down Slowly

Alec Benjamin

30位

Solo (feat. Demi Lovato)

クリーン・バンディット, デミ・ロヴァート

31位

Clandestino

シャキーラ, マルマ

32位

Nera

Irama

33位

Get It

PRISTIN V

34位

Amore e Capoeira

Tkagi & Ketra, Giusy Ferreri, ショーン・キングストン

35位

The Rover

Interpol

36位

Three Lions

Baddiel, Giusy Ferreri, ショーン・キングストン

37位

Jogo do Amor

MC Bruninho

38位

Jackie Chan

Tiësto, Dzeko, Preme, ポスト・マローン

39位

Spread Love (Paddington) [feat. DVNO]

Boston Bun. DVNO

40位

Liberated

DeJ Loaf, Leon Bridges

41位

Don't Stop

D-Sol

42位

Big Bank feat. 2 Chainz, Big Sean, Nicki Minaj

YG, 2 Chainz, ビッグ・ショーン, ニッキー・ミナージュ

43位

-

Africa

ウィーザー

44位

Back To You

セレーナ・ゴメス

45位

lovely (with Khalid)

ビリー・アイリッシュ, Khalid

46位

Sommerkroppen

Mads Hansen

47位

Here On Out

デイヴ・マシューズ・バンド

48位

Better Now

ポスト・マローン

49位

The Light

Jeremih, タイ・ダラー・サイン

50位

I'll Be There

ジェス・グリン

(コラム)この20年の日本の音楽フェス文化

遡ること50年程前、67年6月16日から18日までの3日間にカリフォルニアで行われたモントレー・ポップ・フェスティバルや、69年8月15日から17日までの3日間にニューヨークで行われたウッドストック・フェスティバル以降、世界中で様々な音楽フェスが開催され、今尚盛況を見せています。

 

ここ日本においてもその歴史は古く、69年の時点において8月9日と8月10日には中津川フォークジャンボリーが、9月22日には10円コンサートとも呼ばれるニューロック・ジャム・コンサート(ウッドストック・フェスティバルを実際に体験したギタリスト成毛滋さんが主催)が、そして9月28日には第一回日本ロック・フェスティバル(この年に創刊されたニュー・ミュージック・マガジンが主催)が開催されています。

 

また、郊外の野外で大規模開催されるという点では81年のロックンロールオリンピックや、日本初のオールナイト開催となった87年のビートチャイルド(数年前に映画化されたことでも記憶に新しいところです)などもエポックメイキングなフェスと言えるかもしれません。

しかし、現在日本で定着している様なフェスの雛形は97年から00年頃に築かれた様に思えます。

chart-pop-696.hatenablog.com

 

97年、富士山の麓で開催された第1回目のフジロックは台風が直撃し嵐の中で行われ、2日目は中止となるなど、その過酷さは語り草となっていますが、このフジロックが特別だったのはやはりその出演者の豪華さにあります。

開催された1日目だけでもレッド・ホット・チリ・ペッパーズレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンフー・ファイターズエイフェックス・ツインなど当時世界トップクラスの人気と実力を誇る出演者が揃っていました。

それだけに、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンレッド・ホット・チリ・ペッパーズの間に挟まれたザ・イエローモンキーは日本を代表するロックバンドとしての意気込みが空回りした形となり(ヒット曲を排除した様なセットリストや嵐の中での観客の過酷さなど様々な原因がありますが)、後の解散の何パーセントかはフジロックが原因とまで言うほどでした。

 

一方、97年にはもう1つ象徴的なフェスがあり、それはハイ・スタンダードが企画したメロコアラウドロックを中心にストリートカルチャーを推し出したエアジャムです。

こちらはフジロックの様に海外の音楽フェスを日本でも開催しようというよりは、前年に開催されたヒップホップイベントのさんピンキャンプや大LB夏祭りの様に、そのカルチャーを浸透させる為の色合いが強かったのかもしれません。

chart-pop-696.hatenablog.com

 

翌98年もエア・ジャムは開催され、フジロックにはブランキー・ジェット・シティミッシェル・ガン・エレファントが出演しますが、この年は奇しくも両フェスが東京の豊洲で開催されています。

 

そして99年にはエアジャムが開催されなかった代わりにハイ・スタンダードがフジロックに出演、そしてブランキー・ジェット・シティのマネージャー藤井努さんとミッシェル・ガン・エレファントのマネージャー能野哲彦さんが発案、そしてロッキング・オンの協力によりライジング・サン・ロックフェスティバルが開催されます。

第1回のライジング・サン・ロックフェスティバルはそれまでのフジロックに出演する様な国内のバンドと98年の世代を集めた様な豪華なラインナップとなっており、更にはオールナイトというのも大きな特徴でした。

chart-pop-696.hatenablog.com

 

この年は97年からの流れからすると、パラレルな印象もありますが、フジロックに限って言えば、これ以降開催地が新潟の苗場となったり、開催日が2日間から3日間となったり、現在のフジロックの形ができたと言える年です。

 

00年のフジロックではブランキー・ジェット・シティ(既に解散が発表された後で、解散ツアーが終わった後の最後のライブとなりました)とミッシェル・ガン・エレファントの2組がプレイマル・スクリームと並び、ヘッドライナーを務めます(現在でも国内のミュージシャンでフジロックのヘッドライナーを務めたのはこの2バンドのみです)。

一方、エアジャムではこのライブをもってハイ・スタンダードが活動休止することとなります。

更には、前年のライジング・サン・ロックフェスティバルで得たノウハウを活かし、ロッキング・オンが自社でロック・イン・ジャパン・フェスティバルを開催することになるのですが、梯子を外された形となるライジング・サン・ロックフェスティバルとは因縁を残すこととなります。

そして、98年に東京で行われたフジロックとイギリスのレディング&リーズ・フェスティバルを参考にした様なサマーソニックもこの年から始まっています。

 

という様に、この時期のフェスというのは今よりも洋楽に対して対抗心や憧れというものがあったと思うのですが、00年のフェスの状況を振り返るとフジロックで日本のバンドがヘッドライナーを務めたこと、そしてエアジャムでのハイ・スタンダードの活動休止による伝説化によって、ある種フェスに対する憧れの中に必ずしも海外のバンドが必要ではないという流れができたのではと思えます。

そんな年に共に都市型であり、上記で言えば両極にあるロック・イン・ジャパンとサマーソニックが始まっているのは面白いところです。

 

話はズレますが、00年までのフジロックにおける海外のバンドに日本のバンドがいかに対抗するかという様な価値観は99年に連載が始まったハロルド作石先生の『BECK』に色濃いものだと思います。

 

さて、平成最後となる今年の夏ですが、それに相応しくノーベル賞受賞者ピューリツァー賞受賞者とグラミー新人賞受賞者が日本にやってきます。

つまりフジロックにはボブ・ディランとケンドリック・ラマーが、サマーソニックにはチャンス・ザ・ラッパーが出演します。

今年の4月にカリフォルニアで開催されたコーチェラでのビヨンセの素晴らしいライブも記憶に新しいのですが、そんな素晴らしいライブを日本でも観られることを期待したいと思います。

chart-pop-696.hatenablog.com

2018/6/16付けビルボードホットチャート

 

順位

up/down

曲名

アーティスト名

1位

Psycho

Post Maline feat. Ty Dolla $ign

2位

Nice For What

Drake

3位

I Like It

Cardi B, Bad Bunny & J Balvin

4位

Girls Like You

Maroon 5 Feat. Cardi B

5位

God’s Plan

Drake

6位

Boo'd Up

Ella Mai

7位

This Is America

Childish Gambino

8位

Yikes

Kanye West

9位

Lucid Dreams

Juice WRLD

10位

The Middle

Zedd,Maren Morris & Grey

11位

All Mine

Kanye West

12位

Meant To Be

Bebe Rexha & Florida Georgia Line

13位

No Tears Left To Cry

Ariana Grande

14位

Friends

Marshmello & Anne-Marie

15位

Yes Indeed

Lil Baby & Drake

16位

Ghost Town

Kanye West Feat. PARTYNEXTDOOR

17位

Walk It Talk It

Migos Feat. Drake

18位

Never Be The Same

Camila Cabello

19位

Look Alive

BlocBoy JB Feat. Drake

20位

In My Blood

Shawn Mendes

21位

Perfect

Ed Sheeran

22位

Whatever It Takes

Imagine Dragons

23位

Mine

Bazzi

24位

Wouldn't Leave

Kanye West Feat. PARTYNEXTDOOR

25位

Be Careful

Cardi B

26位

Wait

Maroon 5

27位

Violent Crimes

Kanye West

28位

I Thought About Killing You

Kanye West

29位

Rockstar

Post Malone Feat. 21 Savage

30位

Heaven

Kane Brown

31位

Back To You

Selena Gomez

32位

I'm Upset

Drake

33位

Havana

Camila Cabello Feat. Young Thug

34位

Better Now

Post Malone

35位

Plug Walk

Rich The Kid

36位

No Mistakes

Kanye West

37位

Delicate

Taylor Swift

38位

One Kiss

Calvin Harris & Dua Lipa

39位

Freaky Friday

Lil Dicky Feat. Chris Brown

40位

New Rules

Dua Lipa

41位

Tequila

Dan + Shay

42位

Love Lies

Khalid & Normani

43位

Te Bote

Casper Magico, Nio Garcia, Darell, Nicky Jam, Ozuna & Bad Bunny

44位

Pray For Me

The Weeknd & Kendrick Lamar

45位

One Number Away

Luke Combs

46位

Chun-Li

Nicki Minaj

47位

TATI

6ix9ine Feat. DJ SPINKING

48位

Fake Love

BTS

49位

All Girls Are The Same

Juice WRLD

50位

Finesse

Bruno Mars & Cardi B

 

前回のチャート

chart-pop-696.hatenablog.com